特定非営利活動法人(NPO)きぬた とは

 NPOきぬたは、平成17年5月に遠賀町にできた団体です。活動の目的は、障がい者に対する理解を深めることを中心に据えています。当初は、障がい者のためグループホーム設立を考え活動を開始しましたが、法律の変更等で中断し、その後は障がい者の社会参加支援のため、遠賀郡や北九州市の作業所と協力し、地域でのバザー等を行ってきました。

またそれと並行して、障がい者ヘルパー研修を開講し、障がい者(当事者)を講師補助の形式で招へい、当事者が社会生活を送る上での困難性について話す機会を作りました。

平成20年度は、北九州市の九州テクノカレッジに協力する形で、文科省の「専修学校を活用した再チャレンジ支援推進事業」に参加し、ニート支援の一環として、家族支援のカウンセリングを行いました。その時、「ニート」と呼ばれる人の中には、障がいを抱えている人がいることを知りました。

 以上のような経緯をたどり障がい者支援を考えていくなかで、平成22年に遠賀駅近くに障害者自立支援法に基づく、就労継続支援B型施設として「てぃーだ遠賀」を開設し、「おんがうどん」の屋号での就労支援を開始しました。この施設は、障がい者、あるいは社会生活でストレスを感じやすい人(給付書を持っている人)が利用可能です。活動内容は、うどん屋の運営と簡単な作業で、活動を通して生きがい等を見いだせればと考えています。

さらに「ニート」支援から学んだことを踏まえ、対象者を障がい者等(不登校・引きこもりを含む)に範囲を拡大しました。そして昨年、今年と遠賀町がんばる地域町つくり事業を活用して、講演会を開催し、「不登校・引きこもり」の講演会や相談会を行っています。

 現在の活動は、就労継続支援B型での「おんがうどん」の営業

「不登校・引きこもり」の相談会

開設当時から行っている、福岡医療連絡会へのホームレス支援のための寄付および物品提供

ですが、平成25年1月より、障害者相談支援事業、指定計画相談支援事業,指定障害児相談支援事業を行う予定です。

特定非営利活動法人「きぬた」の活動に興味のある方は「おんがうどん」に来てください。

営業時間は平日11:30~14:30頃までです。(土・日曜・祝祭日は休み)

 

                       

遠賀町旧停1丁目2-3

093-293-6588